子供と遊ぶのが苦手!?子供との距離を縮める上手な遊び方!

子供と遊ぶのは難しい。そう思うことはいっぱいあると思います。自分が小さい頃の考えを覚えていればいいのですが、なかなか覚えているものではありません。子供の気持ちになって遊べないので、どう遊んでいいのか、戸惑う気持ちもわかります。

そこで、私の体験ではありますが、3歳の娘と遊んでいる時に気づいたことをお話ししたいと思います。

1.ごっこ遊びをする時はなりきるしかない!

2.子供が創造する世界を膨らませていく!

3.一緒に夢中になる!

4.遊びの中で何か出来るようになったら褒める!

5.出来ないことは無理にやらせない!

1.ごっこ遊びをする時はなりきるしかない!

娘が3歳になると、ディズニーのプリンセス系や、プリキュアにハマるようになりました。ディズニーに関しては「アナと雪の女王」のエルサに夢中で、歌を歌ってはよく踊っています。娘はエルサになりきりたいので、映画に出てくるシーンを再現しているのですが、1人じゃ出来ないシーンがある場合、パパやママにその役をやらせてきます。

「マジか…めんどうくせー」と思うこともあるかと思いますが、ここが大事です。子供が求める役をしっかりとなりきるようにしましょう。

ここで中途半端に合わせたり、心ここにあらずで反応していると、子供が怒ることもあれば、ごっこ遊びでは遊んでくれなくなることもあります。子供は本当に親のことを良く見ていますよ。

決して高い要求を求めているわけではありませんので、楽しい雰囲気でその役を演じると良いと思います。自分が何者かになりきって楽しければ子供はそれで良しとなることが多いですよ。


2.子供が創造する世界を膨らませていく!

子供が想像する世界は本当に輝いているなって思うことがあります。絵本やテレビの世界が今ここにあると本気で思っていますから、すごくギラギラしていますよね。

そこで、現実的なことを話してその世界を壊すことは避けるようにしましょう。

子供が純粋に思っている世界を一緒に作り上げていくことで、子供との話が膨らんでいきますよ。

もし、子供との会話が上手く続かない時は、子供が作り上げる話を聞いてみると良いと思います。その話を聞いて、パパなりに膨らませていけば、必然的に盛り上がっていくと思いますよ。


3.一緒に夢中になる!

子供の遊びは親にとっては面白くないことが多いです。この遊びのどこか面白いのか、理解に苦しむことばかりなのですが、子供にとっては非常に面白かったりするものです。ブロック遊びなどを一緒にしていても、すぐに飽きてしまうことはありますよね?しかし、こういう時こそ我慢です。

子供が夢中になっている時間を潰さないようにしましょう。子供が夢中になって遊び続けられる時こそ成長をしています。一緒に遊んでくれないから、次の遊びをしてしまうこともありますが、何かに夢中になって取り組みことで集中力を養うことが出来ますので、夢中になって遊んでいることを一緒にやってみましょう。

一緒に夢中になることで、子供がどうして夢中になっているのかがわかるようになってきますよ。


4.遊びの中で何か出来るようになったら褒める!

遊びは様々ですが親の真似をしてみたり、動画を見て真似をしてみたりすることはたくさんあると思います。その中で、踊りを覚えたり歌を覚えたり、何かできるようになったら沢山褒めてあげましょう。褒められて嬉しくないことはありませんから、子供はもっと出来るように頑張ります。

そして、褒めてくれる人にもっと見て欲しいという要求が高まりますので、何か出来るようになったらすぐに見せに来ますよ。

そうなると、普段忙しくて接してあげられなくても、ふとした時に子供から寄ってきて披露してくるようになります。そうなる為にも、普段から褒めるようにすると効果的ですよ。


5.出来ないことは無理にやらせない!

子供は何でもやりたがり屋ですから、TVのCMを見ては真似をしたり、保育園や幼稚園で誰かがやっているのを見て真似をすることはありますが、今すぐには出来ないことも沢山ありますよね?

頑張って出来るようになって欲しいという親の気持ちもありますが、出来ないことを続けていくとやらなくなることが多いです。やっても出来ないことは面白くないのは当然です。まだ、その力が備わっていない以上は、ここは無理にやらせないで、暖かい目で見守ることが大切だと思います。

少し前、自転車を乗っている子供を見て、娘が自転車に乗りたいと言ったので、自転車を買ってみたものの、出来なくて大泣きしていました。まだ、乗る時期が早かったので乗れなくて当然なのです。


まとめ

どんな遊びでも出来ないことを無理にさせるとかえって、その遊びを嫌いになることもありますから、出来る遊びを沢山することが子供との距離を縮められると思います。

子供によって遊び方は様々ですが、子供との距離を縮める方法は一緒になって遊ぶことが大切です。ごっこ遊びなら役者のようにその役になりきることで、子供が持つ世界観を一緒に楽しむことが出来ます。初めは抵抗があるかもしれませんが、トライしてみてください。きっと楽しく遊べるようになると思いますよ。

■あなたにオススメな記事

土日は仕事で家族と過ごす時間がなくても大丈夫!家族との距離を縮める方法!

朝食はパン派?ご飯派?子供の脳の発達に影響する朝食の摂り方!

イヤイヤ期は大変!!子供がお風呂に入りたがらない意外な理由!

親の真似をする子供がありえない行動!常識では考えられない意外な使い道!

見逃していたら損!?子供が勘違いをする可愛らしい瞬間!

自分の子供が心配!? 3歳の子供がハマる夜の奇妙な物語!

家族が夢中になるアプリはTIC TOK!何気ない日常が魔法の世界に変わる瞬間!

仕事と家庭の両立は無理!?パートナーが喜ぶ育児方法!

イライラする育児に終止符!3歳のイヤイヤ期を乗り越える方法☆

パパが嫌われ者︎娘に対するNGな叱り方!

■知って得する育児記事

パパは必見!!0~1歳時にオススメな育児グッズ!

知らないと損!?成長期の体づくりに大切なのはタンパク質︎!

最大90,000円キャッシュバック【auひかり】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0