仕事が忙しい時でも妻の負担を減らす家事方法!

仕事が忙しくてなかなか育児に参加することが出来ない時もありますよね。そういう時でもママの負担を減らせるパパにしか出来ないお手伝いがあります。ここではちょっと頑張ればママが喜ぶ方法をご紹介していきます。

1.ママよりも早く起きる

2.身支度から始める

3.片付けが残っている場合は片づけを優先に行う

4.朝ごはんを作る

5.洗い物をする


1.ママよりも早く起きる

仕事が忙しくて睡眠時間が短い時もあるかと思いますが、ママよりも早く起きてみることから始めると良いでしょう。私も慣れるまで大変でしたが、誰よりも早く起きてキッチンに立ってみると、やらなくてはならないことが沢山あることがわかります。シンクに残っている洗い物、飲み干したペットボトルや牛乳パックなどの仕分け、キッチンから洗面室を見れば洗濯物がたっぷりと溜まっていたり、リビングを見れば散らかっていたり、ため息がつきたくなるぐらい、家事が残っていたりします。その光景を見た時、なんでこんな汚いんだと思ってママのせいにしたくなる気持ちもあるかと思いますが、まずは一緒に片づけようと思うことから始めてみると続けられるかと思います。その一歩としては早起きして、朝の支度をどのように終わらせるか、キッチンに立って見渡してみてはいかがでしょうか。


2.身支度から始める

まずは、起きて顔を洗ったり髪の毛を整えたりして、自分の身支度を先に終わらせましょう。あと、着替えるだけで仕事に行ける状態にしておけば、その分、朝の支度や家族と過ごせる時間を有効に使うことが出来ます。

3.片付けが残っている場合は片づけを優先に行う

キッチンに立って見渡してみると、食べ残したお皿がそのままシンクに置いてあったり、ゴミの仕分けが出来てなかったり、リビングが散らかっていたら、まずは片付けから始めると気持ちよく朝の準備が出来るようになります。理想は昨晩に片付け等が終わっていれば良いのですが、それが出来ていない時は片付けから始めると気持ちもスッキリするでしょう。


4.朝ごはんを作る

朝ごはんも作るとなると、すっかり主婦のように思いますが、ここでは簡単なな朝ごはんの用意でかまいません。朝食がパン派ならパンを焼く、ごはんならおかずを用意するなど、家族分の準備をすることが大切です。自分で最後まで作るのもいいですし、あとはママに任せてもかまいません。ここまで手伝うだけでママは大喜びになるかと思いますよ。片付けと朝ごはんの用意が進んでいるだけで大分楽になりますからね。


5.洗い物をする。

ここまで来ると十分かと思いますが、子供を幼稚園や保育園に預ける子を持つママにとってはその準備もしなくてはなりません。そこで、用意はママに任せる場合、食べたお皿などの洗い物をしておくとかなりパーフェクトに近いと思います。洗い物が残っていると仕事から帰ってきたママの夕食を作る時間がかかってしまいます。その手間を少しでも減らすようにする為、洗い物を先にしておくとママの眼差しが変わってくるかと思いますよ。

朝の支度は本当に大変です。家事が面倒くさいと思うことはあるかと思いますが、ママはそんなこと思っていてもやらなくてはなりません。その負担を少しでも軽減させられるのはパパしかいません。普段、仕事で忙しくてコミュニケーションがなかなかとれない場合など、こういう朝の支度の手伝いをすることによって、コミュニケーションをとるキッカケになります。支度を手伝うことにより、空いた時間に話す場も増えていくでしょう。ママも喜んでもらえ、家族とのコミュニケーションも増えるなら実践して損はないかと思います。慣れるまで大変かもしれませんが、まずは早起きから始めてはいかがでしょうか。

■あなたにオススメな記事

仕事と家庭の両立は無理!?パートナーが喜ぶ育児方法!

イライラする育児に終止符!3歳のイヤイヤ期を乗り越える方法☆

パパが嫌われ者︎娘に対するNGな叱り方!

■知って得する育児記事

パパは必見!!0~1歳時にオススメな育児グッズ!

知らないと損!?成長期の体づくりに大切なのはタンパク質︎!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0